歴史
HOME >  京都美術倶楽部  > 歴史
入札会の変遷と株式会社京都美術倶楽部創立まで

美術品の入札が何時頃より始められたかは定かではないが、すでに江戸期の享保頃に
行われていたことが資料より推察され、天明年間には唐物屋組という入札組合が存在したようである。
天保年間以降においては、唐物屋組の記録帳簿により、度々入札会が開催されていたことがわかる。
当時の入札会は料亭、貸席などに席を設けて釜を懸け、松籟を聴きつつ悠々として入札を行い、
時には夜を徹して行われたこともあったようである。


明治維新を迎えると、国情の混乱、人心の不安定から伝来の家宝什器への関心も薄れ、入札も一時閉鎖し、
美術品の海外流出をも招くことになった。
しかし、世の中が安定してくるに従い、再び美術品への関心も高まるようになり、明治8年に新眞社、同10年には
信友社等の同業者による組合が創設され、入札会が開催されるようになった。
このころの入札会場は、依然として料亭・貸席・寺院等であり、その入札会の大小に応じて会場を転々としていた。

  • 明治時代当時の写真

    明治中期以降、経済の発展とともに美術品の市場も活況を呈し、古来より多くの美術品を包含する京都は、全国における入札事業の中心地となっていった。
    これにともない、従来の料亭・貸席等の会場では不便を生じ、専用市場を設立しようとする機運が高まっていった。
    明治41年、美術業者中の有力者数名が発起人となり、美術品の専用市場の建設と斯業の発展、同業者の地位向上を目指して、株式会社京都美術倶楽部を設立することになった。

沿革
明治時代当時の写真
  • 明治41年

    9月10日 河原町共楽館に於て創立総会を開き、資本金7万5千円で株式会社京都美術倶楽部設立。


    初代社長池田清助氏就任
    12月23日 御池通寺町東入下本能寺前町に227坪の土地で社屋の建築に着手する。

  • 明治42年

    10月 新社屋が完成し、11月14日より16日まで開業式を挙行する。

  • 明治44年

    7月 第二期増築を起し、同年11月1日完成する。

  • 大正2年

    7月27日 2代社長高田新助氏就任。

  • 大正6年

    4月 7万5000円を増資して資本金15万円とする。

  • 大正7年

    第三期増築を計画。
    7月 隣接地を買収。総坪数622坪余に建築を起工し、12月に完成する。

  • 大正8年

    7月27日 3代社長福田浅次郎氏就任。

  • 昭和3年

    11月 創立20周年記念式典を挙行する。

  • 昭和4年

    9月1日 京都美術青年会が発足する。

  • 昭和13年

    4月 支那事変特別法が施行され、入札売立会に大きな打撃を受ける。
    5月7日 創立30周年記念祝賀式を挙行し、『名宝展観』『新作画展観』を開催する。

  • 昭和15年

    7月 奢侈品等製造販売制限令が発令され、金属美術品の販売が極めて困難なものとなる。

  • 昭和17年

    1月 社名を株式会社京都美術会館と変更する。

  • 昭和19年

    2月 物品税法の税率が100分の80に改定されるとともに戦争はいよいよ熾烈となり、
    営業は全くの休止状態に陥る。
    11月 軍需会社の工場として全館を貸与する。

  • 昭和20年

    3月18日 空襲による類焼防止策のため、御池通り南側60メートルの家屋に強制疎開が命ぜられ、社屋全館が解体される。
    4月2日 中京区河原町三条上ル恵比須町に本社を移す。
    7月27日 4代社長林新兵衛氏就任。
    8月 再び疎開命令を受け、中京区麩屋町通御池上ル上白山町に移転する。
    8月 終戦直後、現在地に第3次の移転をする。

  • 昭和21年

    7月 旧名京都美術倶楽部に復活する。

  • 昭和22年

    7月 現在の土地及当時の建物を買収する。
    7月27日 5代社長土橋嘉兵衛氏就任。
    9月 70万円を増資し、資本金85万円となる。

  • 昭和24年

    6月 更に65万円を増資して資本金150万円となる。
    7月 京都美術尚栄会を設立して市場関係業務を確立する。

  • 昭和25年

    7月27日 6代社長善田喜一郎氏就任。

  • 昭和26年

    2月 かねて京都市へ賃貸中の御池通の旧敷地を市へ譲渡する。

  • 昭和27年

    8月 建物買収以来改造に改造を加え、食堂を新設完了し茲に当社の諸設備完備する。
    12月1日 50万円を増資して資本金300万円となる。

  • 昭和29年

    3月 10株を1株に併合して1株の額面を500円とする。

  • 昭和31年

    12月 700万円を増資して資本金総額1000万円となる。
    12月27日 京都美術尚栄会を解散し、新たに京都美術商協同組合を設立する。

  • 昭和32年

    10月21日 北館の新築完成する。
    11月 創立50周年記念式典を挙行し、『古代名宝展』『現代画新作展』を開催する。

  • 昭和37年

    3月 松下幸之助氏より茶席「松庵」の御寄付を受ける。

  • 昭和38年

    10月 1000万円を増資して資本金2000万円となる。

  • 昭和39年

    9月 1000万円増資して資本金3000万円となる。

  • 昭和42年

    12月 更に3000万円増資して資本金6000万円となる。

  • 昭和43年

    2月 東館が竣工し、記念式典を挙行する。

  • 昭和44年

    11月9日 京都美術青年会設立40周年記念『千利休居士名宝展』を開催する。

  • 昭和47年

    2月 9000万円を増資して資本金1億5000万円となる。
    3月 南館、西館、北館を解体し、新館を建築の上、東館と接続の大改築を始める。
    10月 現社屋完成する。同時に竣工記念式典を挙行する。

  • 昭和49年

    8月21日 7代社長善田一雄氏就任。

  • 昭和53年

    10月5日 創立70周年記念式典を挙行し、『古美術名品展』を開催する。

  • 昭和62年

    5月1日 第1回『現美展』を開催する。

  • 平成元年

    3月14日 8代社長大森欣治郎氏就任。
    6月14日 創立80周年記念交換大会を開催する。
    9月10日 京都美術青年会創立60周年記念『京都における幕末の茶陶名工展』を開催する。

  • 平成4年

    8月21日 9代社長奥田竹治郎氏就任。

  • 平成6年

    6月 平安建都1200年記念『平安大茶の湯』が開催され、展観席会場となる。
    7月10日 平安大茶の湯『祇園会展』を開催する。(13日まで)
    11月12日 平安建都1200年記念『京美特別展』を開催する。

  • 平成8年

    3月 茶席「松庵」改築工事が竣工する。
    5月8日 『松庵茶席披き記念茶会ならびに床飾りの名品展』を開催する。(9日まで)

  • 平成10年

    2月26日 『美術商が推薦する三人の作家たち展』を開催する。(27日まで)
    11月25日 創立90周年記念交換大会を開催する。

  • 平成11年

    3月24日 『美術商が推薦する三人の作家たち展』を開催する。(25日まで)

  • 平成12年

    3月25日 西暦二千年記念茶会『名碗展』を開催する。

  • 平成13年

    4月29日 第1回『伝統からの創造 21世紀展』を開催する(5月2日まで)

  • 平成14年

    8月21日 10代社長善田征男氏就任。

  • 平成18年

    6月14日 京都美術商協同組合創立50周年記念交換大会を開催する。

  • 平成19年

    11月21日 創立百周年記念交換大会を開催する。
    11月28日 創立百周年記念『現代作家新作展』を開催する。(30日まで)

  • 平成20年

    3月27日 『創立百周年記念式典』を挙行する。(於:ウェスティン都ホテル京都)
    3月28日 『創立百周年記念茶会・名品展』を開催する。(30日まで)
    12月 『京都美術青年会誌』(復刻版)を刊行する。

  • 平成21年

    3月29日 『京都美術青年会創立八十周年記念茶会』を開催する。(30日まで)
    8月21日 11代社長三島敏明氏就任。

  • 平成26年

    8月21日 12代社長髙木修氏就任。

  • 平成28年

    4月3日 『創と造2016展』『第4回京宵展』を併催する。(5月2日まで)
    6月14日 『京都美術商協同組合創立60周年記念交換大会』を開催する。