歴史と伝統の 京都美術倶楽部

京都美術倶楽部は、明治41年、美術業者中の有力者数名が発起人となり、美術品の専用市場の建設と斯業の発展、同業者の地位向上を目指して、株式会社京都美術倶楽部を設立することになりました。

以来、美術品取引の中心として東京、大阪、名古屋、金沢とともに全国5大美術品市場の一翼を担ってまいりました。

多くの美術商の積極的な活動により、常に美術品の新しい価値の発見ならびに美術品に対する正しい認識と理解の普及、併せて京都の誇り高い伝統美術の保存継承に力を注いでおります。

新着情報

詳しくはこちら
2019年1月16日 2019年 新春年賀式 1月14日に京都美術倶楽部、京都美術商協同組合の新春年賀式を行ないました。 平成最後の本年度、4月には昨年ご好評いただきました第二回 京都正札市、 創と造20...続きを読む
2018年12月21日 年末年始休館日のお知らせ 平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。 誠に勝手ながら、弊社の年末年始休業日を下記のとおりとさせていただきます。 ご迷惑をおかけいたしますが、...続きを読む
2018年12月1日 「御火焚祭」を開催 「御火焚祭」を11/20に開催いたしました。太陽光の地からが一年で最も弱まる冬至に合わせ祝詞や神楽でもって神意を願ったことに由来し古くから伝えられています。水の...続きを読む
2018年11月5日 京都美術倶楽部 駐車場(有料)サービスのご案内 一般の方々にも当社の屋根付駐車場のご利用が可能です。(当社営業時間内に限る) 観光名所や商業が盛んな場所に立地し利便性が非常に高いエリアです。 ご利...続きを読む
2018年11月5日 野村美術館「開館35周年記念 茶の湯 能楽 日本の美」勉強会 京都美術商協同組合の事業活動として、11月3日(土)野村美術館にて勉強会を開催。 「開館35周年記念 茶の湯 能楽 日本の美」の観覧と講演会では谷 晃館長によ...続きを読む