歴史と伝統の 京都美術倶楽部

京都美術倶楽部は、明治41年、美術業者中の有力者数名が発起人となり、美術品の専用市場の建設と斯業の発展、同業者の地位向上を目指して、株式会社京都美術倶楽部を設立することになりました。

以来、美術品取引の中心として東京、大阪、名古屋、金沢とともに全国5大美術品市場の一翼を担ってまいりました。

多くの美術商の積極的な活動により、常に美術品の新しい価値の発見ならびに美術品に対する正しい認識と理解の普及、併せて京都の誇り高い伝統美術の保存継承に力を注いでおります。

新着情報

詳しくはこちら
2018年7月17日 京宵展ページ更新 先日行いました京宵展、先生方よりお声をいただきました。 お忙しい中 御協力誠にありがとうございました。 来年度もより一層力を入れて参りますので、皆様にご来場...続きを読む
2018年5月2日 創と造2018 ご案内 私ども五都美術商連合会が本年度も開催いたします 「創と造2018」 紹介ページが出来ましたのでご案内いたします。 京都展 4月30日~5月2...続きを読む
2018年5月2日 第6回 京宵展 4月30日から三日間行います、「創と造 2018」と併催で毎年行っております、 『京宵展』の第6回ページです。 日本画、洋画、工芸 作品写真更新いた...続きを読む
2018年4月15日 京都正札市のご案内 4月に新しく行いました 京都美術倶楽部、京都美術商協同組合の共同主催による 「第一回 京都正札市」を開催致しました。 茶道具、骨董、書画はじめ幅広い美術品を...続きを読む
2018年1月9日 明けましておめでとうございます 皆様には、健やかに新春を迎えられたことと、お慶び申し上げます。 本年度もどうぞよろしくお願い致します。...続きを読む