歴史と伝統の 京都美術倶楽部

京都美術倶楽部は、明治41年、美術業者中の有力者数名が発起人となり、美術品の専用市場の建設と斯業の発展、同業者の地位向上を目指して、株式会社京都美術倶楽部を設立することになりました。

以来、美術品取引の中心として東京、大阪、名古屋、金沢とともに全国5大美術品市場の一翼を担ってまいりました。

多くの美術商の積極的な活動により、常に美術品の新しい価値の発見ならびに美術品に対する正しい認識と理解の普及、併せて京都の誇り高い伝統美術の保存継承に力を注いでおります。

支配人 中野 正晴

新着情報

詳しくはこちら
2019年4月14日 第2回京都正札市は終了いたしました。 最終日はあいにくのお天気でしたが、お越し下さいました皆様誠にありがとうございました。 昨年に引き続き盛況で何事もなく無事終了することができました。 13日、...続きを読む
2019年4月8日 京都正札市(第2回) 再度ご案内 昨年大変ご好評いただきました、京都美術商協同組合 京都美術倶楽部の協同主催による京都正札市を本年度も開催をいたします。開催まで一週間となり事務局である京都美...続きを読む
2019年3月8日 創と造2019 本年度、「創と造2019」京都展は4月に行ないます。 公式サイトができあがりましたのでご覧下さいませ。 また、併催の「第7回 京宵展」のページは現在制作...続きを読む
2019年2月5日 京都正札市(第2回) ご案内 昨年大変ご好評いただきました、京都美術商協同組合 京都美術倶楽部の協同主催による京都正札市を本年度も開催をいたします。京都美術倶楽部を全館使用しての大規模な...続きを読む
2019年2月1日 展覧会一覧 当館で開催される又は開催されました展覧会・催事の紹介を更新しております。 このたびはご利用誠にありがとうございました。 ...続きを読む