京宵展 第5回

 

昨年の京宵展 ページはこちら

京宵展のご挨拶

文化と芸術の都、京都で展覧会を毎年開催しております。その名も『京宵展』
毎年4月30日~5月2日まで当館にて『創と造』の京都展と併催される同展には、京都ゆかりの今注目すべき若手作家が集結します。名称を変えながらも約50年わたり開催されてきた『創と造』展ですが、その『伝統からの創造』というコンセプトを継承しながら、新しい美の世界を切り開く作品を京都の地から発信するために立ち上げられたのがこの展覧会です。

豪壮かつ華麗な祇園祭『山鉾巡行』の前夜祭である『宵山』は静かながらも華やかに行われる。
同展にはその宵山の如く、伝統の継承と新しい時代にあった作品を創造できる展覧会になるように『京宵展』と名付けました。

本年度より6名の先生にもご参加いただき、多彩な魅力を持った京都にゆかりのある日本画・洋画・工芸の次世代作家、56名が出品されます。  なお、出品作品は会場で入札し購入することもできます。

京都ゆかりの作家ならではの魅力を思う存分堪能し、芸術の町京都に吹く新しい風を美術倶楽部で体感できます。

ぜひともご来場賜りますよう謹んでご案内申し上げます。

開催日程 京宵展

京宵展

・日時
平成30年4月30日(月)~ 5月2日(水)

・会場
京都美術倶楽部(創と造2018と併催)

 

出品作家の声

―準備中―

日本画

洋画

工芸