創と造2017の公式サイト

創と造2017の公式サイトはこちらです。

http://www.toobi.co.jp/or2017

創と造のご挨拶

私ども五都美術商連合会が昨年の春、新たにスタートさせました、- 創ること。造ること。「創と造 2016」現代日本 絵画・工芸新作展 - は、おかげさまでご好評をいただき、各地での二か月にわたる会期を盛況裏に終えることが出来ました。力作を出展いただいた先生方、そしてご来場いただいた皆様のご支援、ご協力に改めて感謝申し上げます。

私どもは、昭和26年(1951年)に「五都展」を初めて開催いたしました。この展覧会は、東京、大阪、京都、名古屋、金沢の美術商が運営する各「美術倶楽部」によって主催され、その時代の最前線で活躍する作家の新作を一堂に集め、各都市で愛好家の皆様にご鑑賞いただくべく始められましたが、これは同時に、東京と京都を中心とする東西の作家たちに新たな出会い、交流をもたらし、相互に刺激しあうことでさらなる成果をあげることにもつながりました。この「五都展」はその後、34年間に渡って継続され、それぞれの時代を代表する作家の力作を世に送り出し、多くの皆様からご支持をいただきました。

作家の所属団体や師弟関係等にとらわれず、幅広いジャンルから、美術商の眼によって優れた作家を選び抜き、その新たな力作をご出展いただくというこの展覧会のシステムは、同展を発展的に継承した「現美展」(15年間)、さらに「21世紀展」(15年間)、そして昨年の「創と造 2016」展に至るまで一貫しております。マンネリズムを排し、常に新たな挑戦を歓迎、推進する私どもの姿勢は、65年のその歴史の中で、多くの愛好家の皆様に支持され、我が国の美術界の発展を支えて参りました。

こうした伝統を積極的に受け継ぎつつ、本年の「創と造 2017」展では新たに9名の気鋭の作家を選抜するなど、さらに豊かな内容の展覧会となっております。世界は大きな変動の時代を迎えつつありますが、そうした世相にあって、変わらぬ伝統に支えられた、新たな美の世界がもたらす感動を、本展では多くの皆様にご満喫いただけることと確信しております。皆様には本展をぜひともご高覧賜りたく、宜しくお願い申し上げます。

2017年 春

五都美術商連合会
株式会社 東京美術倶楽部         代表取締役会長     淺木 正勝
株式会社 大阪美術倶楽部         代表取締役社長     戸田    博
株式会社 京都美術倶楽部         代表取締役社長     髙木    修
株式会社 名古屋美術倶楽部      代表取締役社長     横井 一雄
株式会社 金沢美術倶楽部         代表取締役社長     谷村 庄市

開催日程 京都展

京都展

・日時
平成29年4月30日(日)~ 5月2日(火)
10:00~17:00(入場は16:30まで)

・会場
京都美術倶楽部
〒605-0064
京都市東山区新門前通東大路西入梅本町263

・アクセス
■京阪電気鉄道  「三条駅」     徒歩10分
■京阪電気鉄道  「祇園四条駅」     徒歩10分
■市バス     「知恩院前」    徒歩1分
■地下鉄東西線  「東山」下車    南へ徒歩5分

本年度『創と造 2017』 は終了しました。
たくさんのご来館誠にありがとう御座いました。